山陰・島根のスポーツ自転車・バイク専門店
       お気軽にお問い合わせください
 Tel 0856-22-2225
   メールでのお問い合わせはコチラをクリック!
営業時間 平日8:30−18:30 (5〜10月 19:00)    
  祝・休日 9:00〜18:00 定休 水曜日

 自転車・バイクで遊びを体験できるお店
購入されたお客様には、体験もついてきます♪
いつも面白い遊びを探しているお店です♪

トップ
サイクルセンターまつしま

遊び体験イベント
ツーリング・サイクリング


自転車

販売・修理・メンテ

バイク
販売・修理・メンテ
電動4輪車
販売・修理・メンテ
スタッフ
ブログ
お店の紹介
こんなお店です
お店の場所
地図
山陰・石見の自転車・バイク専門店 【サイクルセンターまつしま】 TOPページ  > 自転車 >お尻の痛みは、これで解消!


これで、お尻の痛み解消!!
【サドルフィッティングシステム】
 
走るのは楽しいけどお尻が痛くてたまらない!!!

というアナタに、是非試していただきたいサドルがあります♪

 
 @ロードバイク編 


GIANT ダイナミックサドルフィット!


よく言われる言葉があります。

「お尻とサドルの相性」。

これが、合ってさえいればサドルが硬くても柔らかくても痛くなることはありません♪
ところが、その相性を調べる術が、「これならどうかな〜?」と思って
清水の舞台から飛び降りるつもりで実際に購入するしかなかったのが、現実でした。
で、実際に長距離を乗ってみて、合わなかったら、、、



枕を涙で濡らす夜を過ごすことになります(笑)。

それゆえに生まれた言葉が、選び彷徨い続けるという、、、サドルジプシー。
あまりにも切なすぎる言葉。懐は、いつも真冬。泣けます。。。


そんなアナタの救世主になるかもしれないのが、このサドルシステム!
お尻の相性というのは、難しい言葉を使うと
「骨盤のサドルへの当たり具合」となります。


どう当たっているのかが分かれば、それに合うと思われる形のサドルが分かります♪
用意されているのは、3種類のサドル。
図解で見ると、骨とサドルでお尻の肉を挟んでいるわけですから
その挟み方によっては、、、そりゃ痛くなりますよね(汗)。

このサドルは、骨盤が当たるところにパッドが入っています。
「大体、どこのサドルにもパッドくらい入ってるじゃねーか!」

確かに、その通りなんですが(汗)
このサドルのパッドは、ちょいと優れてましてですね、、、
まるでビーズクッションのように、全体を包み込むようなカタチに変形するんです!

「なかなかやるじゃないか!」なパッドで、痛みをさらに軽減させるわけです♪
いやあ、技術の進歩ってのは、素晴らしいですねえ。

このようなシステムで、お尻に合ったサドルを選んでいただけるわけですが
「でも、実際に走って見なけりゃわからねーよ」なご意見もごもっとも。でございまして

ちゃんと用意してあります。

試乗用サドル!

これを一日(閉店時間まで)お貸ししますので、実際に乗ってみてご判断ください!

GIANTのサドルということで、そのロゴが購入を決めかねる懸念となっている方もいると思いますが、、、
大丈夫です。ロゴは、見つけるのが大変なくらいちっさいです!
サドルメーカーではないですから、その辺はGIANT計算してます(笑)。


2018モデルから、サドルのパッドの厚さが3種類になりました!
 モデル別画像 パッドの厚さ  重量  価格 
 CONTACT CONFORT SADDLE
 厚め  339g  5,000円
 CONTACT SADDLE
 普通  295g  6,000円
 CONTACT SL SADDLE
 薄め  216g  10,000円
TSETサドルは、薄めパッドのSLタイプとなります。


どうですか!
これなら納得していただけると思いますが、如何でしょうか?


★サドルフィッティング★
料金:無料
必要なもの:普段乗られているロードバイク、普段使用しているパッド入りパンツ
試乗用サドル貸し出し期間:フィッティングした日の夕方まで


サドルフィッティングを受けてみたい方は、
当店スタッフ矢野までご連絡ください♪

 サイクルセンターまつしま
0856-22-2225



このサドル、ワタクシ矢野も使用しておりますが、座った瞬間は「硬い!」(笑)
と思いましたが、その硬さの感覚が痛みに変わることなく持続するといった感じです。
ですのでパッド入りパンツは必須となりますが、いい感じです♪








 
 Aクロスバイク、マウンテンバイク編 

元々、スポーツの道具として作られている自転車ですので
最初から付いているサドルは、初めての人には結構硬く感じられることが多く、、、

「痛くてやれんのだけど。」

との声が多発しております(汗)。

そこで、その痛みを解消する秘密兵器的なサドルは
ロードバイクと同じ考え方になりますが、やはり骨盤からの圧力をいかに逃がすか。


が、ポイントとなります。

ただ、ロードバイクほど漕いだときの効率を求めるわけではありませんので
思い切り柔らかいクッション(ウレタンフォーム)の入ったモデルがおススメです。

そのクッションも厚いだけでは思ったほど効果が期待できませんので
硬さの異なるウレタンフォームを入れ(デュアルデンシティテクノロジー)


さらに上面に、より柔らかいゲルを入れることにより究極の快適性能を実現!!!


実際に触ってみると、その柔らかさを体感できますよ♪

人間工学を基に作られているこのシリーズには、骨盤の造りが異なるためレディースモデルも用意されています♪
そして、価格は、抜群のコストパフォーマンスを誇る3400円(税抜き)!!

交換すると、こんな感じです♪


さあ、楽しいスポーツ自転車ライフを
 
より楽しく走ってみましょう♪